本当に安い英会話スクールはここだ!  » 料金が安い英会話教室が知りたい! » 日米英語学院

日米英語学院

日米英語学院で、1レッスンあたりの料金がいちばん安くなるコースは「英会話フリートークプラン」。週1回を6か月、25回レッスンが受けられるコースです。さまざまなテーマで55分、英会話を楽しむフリーカンバセーションのみのプランになります。レッスン当日に出席してもOKなプランなので、通うペースや曜日を固定にできない人やマイペースに英会話を身につけたい方におすすめのプランです。

「英会話フリートークプラン」の料金内訳

授業料 2,000円(税別)~/月
入会金 20,000円(税別)

同じグループレッスンでお得に通えるスクールと比較

スクール名 リンゲージ NOVA
授業料 7,800円~/月 10,000円~/月
入会金 0円 0円

日米英語学院と同じようにグループレッスンを行っている「リンゲージ」と「NOVA」を比較してみました。日米英語学院は1カ月あたりの料金が8,000円なのに対し、リンゲージは7,800円とお得。同じグループレッスンでも入会金が0円なので財布にやさしく金銭面で負担を感じることなく通えそうです。1回あたりの受講時間は、リンゲージとNOVAが40分に対し、日米英語学院は55分と比較的長め。値段は上がってしまいますが、じっくり英会話の勉強をしたい方には日米英語学院の方が良いでしょう。日米英語学院は入学金がかかります。キャンペーンの行われている時期に入学すると割引されることもあります。なるべく費用を抑えたい場合は、キャンペーン時期を狙って入学した方がお得ですよ。

リンゲージの料金と口コミを見る NOVAの料金と口コミを見る

口コミに見る「日米英語学院」の料金に対する評価

入学割引プランを利用したのでお得にスタート

日米英語学院に限らず、英会話教室はどこも料金は高いと思います。私は、授業料が10%オフになる入会時のキャンペーンを利用したのでお得にスタートすることができましたが、それでもレッスン料金は、ほかの英会話教室に比べると安くないと感じています。

ただ、自分のレベルに合ったプランを提案してもらえるので、腕試し短期のプランや、フリートークプランを試してみるのはアリかもしれません。

高いのがネック。元を取りたいから休みません(笑)

最初に申し込むポイント数によるとは思うのですが、料金が高いのがネックです…。グループレッスンで1レッスン3,600円は、私には高く感じます。だからこそ、元を取りたいから絶対に休まないんですけどね(笑)。高い料金を払っている分、頑張れます。ちなみに、12回のレッスンのうち、2回は振り替えOKだそうです。

最初に多くのポイントを買っておけば安くなるシステムだけど…

どこの英会話教室も同じような料金なんでしょうが、私にとって「日米英語学院」のレッスン料は、ちょっと高いかな…。ポイント制なので、最初に多くポイントを購入すれば、それだけ安くなるんですが、続けるには高すぎる料金設定のように思いました。入会金が無料になるキャンペーンをやっているときもあるみたいで、そのタイミングで入るといいかも。個人的には、通う前に「継続するには結構お金がかかる」ことを知っときたかった…。

ビジネス英会話を学ぶことを考えると、安い買い物だと思います

ビジネス英会話を習得したい人にとっては、適正価格だと思いますよ。ほかの英会話教室に通ったわけではないので相場は分かりませんが、投資として考え、しっかりビジネス英語が身につくなら、それほど高いとは思わないのでは?私は、入学の際にキャンペーンも利用したので、お得に入ることができましたし、満足しています。

運が良ければマンツーマンレッスンを受けられる

クラスは基本的に10人以下です。登録者数が少なかったり欠席者が多かったりすると、グループレッスン料金なのにマンツーマンレッスン、あるいは生徒2人に対して講師1人といった贅沢な環境になることも。授業以外で講師と話せる時間やキッカケがないので、そういう時にたくさん質問をしたり相談をしたりしました。自習用でリスニング教材や英検の過去問などを無料で借りられるので、「勉強したい」と強い意欲を持った人におすすめです。

英会話教室ではなく英語学校

TOEICや英語資格の対策には良いスクールです。ただ、「英語を話せるようになりたい」と思ってきた人はがっかりすると思います。英語を話す時間が少なく、教室の雰囲気も「英語を習いに来ている」といった感じです。授業の内容は文法重視。でも教え方はとても上手く、英語が得意になります。自習のコツや自習内容のアドバイスをしっかり教えてくれたので、自宅学習の効率もグンと上がりました。おかげで私のTOEICスコアは200以上アップ。海外の人とのメールのやり取りにとても役立っています。

日米英語学院の公式HPへ

高めに感じる料金も、個別カリキュラムで納得価格

口コミから判断しても、料金はちょっと高めの英会話教室ですが、効率よく英会話を習得したい人には必要な出費といえるかもしれません。

日米英語学院では、生徒の英会話力を「聞き取り」「発音」「話し方」「語彙力」「表現力」「文法力」の6つの要素で診断。カウンセリングで目標や希望を聞き、どこが弱点なのかをレベルチェックで分析します。

そして内容とレベルチェックの結果、生徒一人ひとりに合った学習プラン「個人別カリキュラム」を作成・提案。レベル別・分野別に用意された70種類以上のクラスから、最適なコースを組み合わせていくので、英語の弱点を補強したり、得意なところを確実に伸ばすこと可能です。

日米英語学院の講師について

講師としての指導経験と、講師の資質を重視。なんと採用後、6ヶ月ごとに授業内容・勤務態度・生徒満足度の調査を行っているそうで、常に高い指導力を維持しているのだとか。

レッスン内容について

「個人別カリキュラム」があるので、英会話初心者から通訳者レベルの上級者までに対応したレッスンが可能です。生徒それぞれのやるべきこと、得意・不得意の分野がわかるのは便利ですね。また、早朝・昼間・夜間と、あらゆる立場の生徒が安心して選べるコースが揃っているのも魅力です。

日米英語学院のコース例と授業料

開校時間

平日
11:00-21:30 10:00-19:30 12:00-17:00

コース・費用

入会金 21,600円(税込)
グループレッスン
3~4名 55分 週1回
2,160円~(税込)
プライベートレッスン
40分 週1回
9,072円~(税込)

※別途教材費がかかります
※ビジネス英語コアコース、通訳メソッド活用コース・TOEIC・TOEFL資格対策コース・短期コースなど豊富なコースの用意あり

キャンペーン情報

平日昼限定プライベートレッスンプラン

平日の11時~17時を限定としたプランがあります。1回40分のレッスンが16回まで受けられ、授業料は11万5,200円(税抜)。1レッスンあたり7,200円になります。通常のプライベートレッスンは20回のレッスンが18万円から。1レッスンあたり9,000円と比べると、平日限定プランはかなりお得。ただ有効期限が2ヶ月と短いので、試験前や短期集中的に学びたいなど、上手に活用しましょう。WEB割引制度以外のキャンペーンとは併用できませんので、お気を付けください。

WEB割引制度

オンラインからの資料請求をして入学した方は「授業料3,000円割引券」、カウンセリングを予約した方は「授業料10,000円割引券」が貰えます。WEBを使って予約した方がよりお得に入学ができるので、これから入学する方はオンラインにて申し込むと◎です。

フレンズプラン

家族や友達2人以上で入学すると、授業料が最大25%オフになります。友達と一緒にお得に英会話を学びたい方にはおすすめのキャンペーン。しかし、WEB割引以外のキャンペーンや、割引との併用はできないので注意しておきましょう。

無料体験レッスン

日米英語学院では無料体験レッスンを実施しています。申し込み方法は「公式サイトのフォーム」「電話」のどちらか。自分が好きな方法で予約ができますよ。また、公式サイトでのフォームでは一部の個人情報を記載しないといけませんが、暗号化通信により守られているため、安心して記入することができます。

(※2019年1月31日調べ)

資格対策コースについて

日米英語学院の資格対策コースは、英検®コース・TOEIC®テストコース・TOEFL®テストコース・GRE®コース・GMAT®コースとさまざま。英検®コースでは、英検の級別の対策クラスだけでなく試験に出やすい語彙・熟語や文法、リスニングなどを別々に強化するクラスが数多くあり、必要に応じて組み合わせることで効率よく英語力を向上できます。英検®1級~英検®5級まで対策可能です。

TOEIC®テストコースの特徴は、スコア別・セクション別・パート別にクラスが豊富に設定されていること。ピンポイントでTOEIC®テスト対策ができます。苦手なパートを集中的に強化できるのもポイントです。

TOEFL®テストコースでは、テストに精通した講師が多数在籍しています。日本人講師・ネイティブ講師・グループレッスン・プライベートレッスンを自由に組み合わせて、リーディングやリスニングはもちろん、日本人の苦手なTOEFL iBTのスピーキング、ライティングの対策も行えますよ。

アメリカやカナダにある人文・社会・自然科学系の大学院受験時に必要なGRE®テストや、海外のビジネススクールの受験に欠かせないGMAT®テストの対策を行うコースもあります。

授業料以外にかかる費用

日米英語学院は授業料以外にも、入学金や教材費などの費用がかかります。入学金については、キャンペーンで割引されることが多いので、入学を検討している方はキャンペーン情報をチェックして割引きされるときを狙うといいでしょう。教材費については、受講するコースによって変わるため、事前に入学予定のスクールに問い合わせた方がいいでしょう。フリートークプランのみ教材が必要ないため、教材費が別途かかることはありません。

公式サイトを見る

ココより安い英会話スクールはどこ?
本当に安い英会話スクールはここだ!