本当に安い英会話スクールはここだ!  » 英会話教室にかかる料金ってどれくらい? » 英会話教室の料金体系どっちが安い?

英会話教室の料金体系どっちが安い?

「英会話スクールに通ってみたい!」と思ったときに気になるのが料金。スクールごとに料金がバラバラなので、どこを選んだほうが良いのか判断が付きにくい人は多いはずです。

料金がバラバラな原因のひとつに、料金体系が異なることが挙げられます。料金体系は大きく「月謝制」「チケット・ポイント制」「一括払い」の3つ。そのため、ひとくちに料金といっても月単位なのか、チケット・ポイント単位なのか、期間なのかの違いが生まれ、料金の比較が難しくなるのです。

ここでは「月謝制」「チケット・ポイント制」「一括払い」ごとの相場や、お得な価格でサービスを提供しているスクールをまとめています。また、どの料金体系がお得に通えるのかも解説しているので、スクール選びで悩んでいる人は一度チェックしてみてください。

月謝制VSポイント制で料金を比べてみる

英会話初心者がいきなり一括払いの英会話スクールに通うと「ここは合わないかも…?」と思ったときに、気軽に他のスクールへ移動できないため通うハードルが高いと言えます。そのため、ここでは初心者が通い始めやすい月謝制とチケット・ポイント制で料金を比較。どちらがリーズナブルなのかさっそく見てみましょう。

月謝制とチケット・ポイント制の英会話スクールの料金比較

月謝制 チケット・ポイント制
入学金 平均11,000円(税抜) 平均27,000円(税抜)
グループレッスン
レッスン単価
平均2,149円(税抜) 平均4,000円(税抜)
マンツーマン
レッスン単価
平均5,204円(税抜) 平均8,263円(税抜)

月謝制とチケット・ポイント制の料金を比べたところ、月謝制のほうが比較した入学金・グループレッスン単価・マンツーマンレッスン単価の3つの項目で安いことが分かりました。チケット・ポイント制は同時にたくさん購入すると安くなる傾向があるのですが、それでもこの金額をひっくり返すことは難しいでしょう。この結果から、一般的に月謝制のほうが費用を抑えて通えることが分かります。

どの料金体系でも1レッスンあたりの費用で比較しましょう

料金体系別:1レッスンあたりの料金計算式
月謝制 月々のレッスン料÷1ヵ月に通える回数
チケット・ポイント制 総額÷通える回数
一括払い 総額÷通える回数

英会話スクールによって異なる料金体系。一見するとどちらがお得なのか分かりづらくなっていますが、1レッスンあたりの費用を計算することで比較しやすくなります。上記の計算式をもとにして料金を求めることで、費用を抑えてスクールに通うヒントが見つかるはず。

なんとなくスクールを決めてしまうと、本来はもっと自由に使えたお金余分に支払うことになってしまいます。有意義なことにお金を使うためにも、料金を比較するのはおすすめ。これらを踏まえたうえで料金体系別の相場を見ていきましょう。

月謝制の英会話スクールの相場

毎月決まった額を支払うシステムの月謝制。大手よりも中規模スクールや個人経営のスクールで取り入れられていることが多い料金体系です。そんな月謝制の相場は以下のようになっています

入学金 平均11,000円(税抜)
グループレッスンの単価 平均2,149円(税抜)
マンツーマンレッスンの単価 平均5,204円(税抜)

月額制の英会話スクールならグループレッスンで入会すると13,149円かかり、マンツーマンなら16,204円かかることが分かりました。月謝制の入学金の相場は11,000円とありますが、スクールのなかにはリンゲージやNOVA、ラングランドのように入学金が0円のところがあります。そのため、これらのスクールを選ぶことで初期費用が抑えられてかなりお得です。

月謝制でおすすめのスクール3選

費用を抑えて通えるおすすめのスクールを3校ピックアップしました。月謝制でスクールを考えている方は料金相場を踏まえたうえで、参考にしてみてください。

スクール名 入会金 授業料
リンゲージ 0円 5,800円~/月
ラングランド 0円 6,100円~/月
NOVA 0円 10,000円~/月

月謝制でもリンゲージ・ラングランド・NOVAがもっとも安く通えるスクールです。スクールで受けられる最安値コースの料金で比較していることもあり、基本的にはグループレッスンになっています。また、どのスクールも入学金の相場に記載した11,00円が掛らないため、一般的な月謝制のスクールよりもかなりお得に通うことが可能です。

>>本当に安い英会話教室はどこ!?
料金比較をチェックする

月謝制の英会話スクールのメリット・デメリット

ここでは月謝制という料金体系が持っているメリット・デメリットをまとめています。スクールに通うことを決まる前に確認しておくことをおすすめします。

メリット デメリット
  1. 初期費用を抑えることができる
  2. 費用が把握しやすくなっている
  3. 面倒な手続き無しにスムーズに解約できるケースが多い
  1. レッスン料が無駄になることがある
  2. 受講曜日が固定のケースが多く、スケジュールが組みづらい
  3. 大幅な割引がない英会話スクールが多い

月謝制のメリットは月々の料金が決まっているので、支払う金額が分かりやすく、比較リーズナブルな価格でレッスンが受けられることです。月ごとに料金を支払うため、一括払いのように初回時に高額な費用が発生することはありません。また、月単位でスクールと契約しているので、途中でレッスンを解約したくなった時でも比較的スムーズに辞めることができます。

月謝制で考えられるデメリットとしては、スクールによって予約変更や休んだ際の料金支払いをキャンセルできないこと。そのため、仕事や私用の関係で休んだ回のレッスンが無駄になってしまうのです。また曜日が固定しているスクールがほとんどなので、スケジュールを立てづらいという点も挙げられます。

チケット・ポイント制の英会話スクールの相場

入会するとき、レッスン受講の引き換え券にあたるチケットやポイントをまとめて購入するのがチケット・ポイント制。大手の英会話スクールが導入していることが多い料金体系です。チケット・ポイント制の相場は以下のようになっています。

入学金 平均27,000円(税抜)
グループレッスンの単価 平均4,000円(税抜)
マンツーマンレッスンの単価 平均8,263円(税抜)

チケット・ポイント制を導入している英会話スクールは、入学金が高くなる傾向があります。入学金が一番安いECC外語学院でも20,000円なので、月額制のスクールと比べるとやはり高めです。マンツーマンレッスンの単価はグループレッスンの倍以上ありますが、イングリッシュビレッジが単価2,100円でマンツーマンレッスンを行っています。そのため、チケット・ポイント制でマンツーマンレッスンを学ぶならイングリッシュビレッジが狙い目です。

※グループレッスンの相場についてはECC外語学院しかグループレッスンを行っていなかったため、ECC外語学院の価格を記載しています。

チケット・ポイント制のおすすめスクール3選

チケット・ポイント制のなかでも費用を抑えて通えるスクールを3校ピックアップしました。料金相場を踏まえたうえで、スクール選ぶの参考にしてみてください。

スクール名 入会金 授業料
イングリッシュビレッジ 31,000円 8,400円~/月
ベルリッツ 30,000円 12,000円~/月
ECC外語学院 20,000円 12,800円~/月

チケット・ポイント制でお得に通えるスクールはCOCO塾・ECC外語学院・ベルリッツの3校。3校の中でもイングリッシュビレッジは入会金31,000円と一番高い金額ですが、ほかのスクールと比べると一ヶ月あたりの料金が安いのが特徴的です。4か月間イングリッシュビレッジに通えば、入学金が一番安いECC外語学院よりも支払う総額は安くなります。チケット・ポイント制でスクールで値段を抑えるためには、長期間の料金を計算して選ぶことも大切です。

>>本当に安い英会話教室はどこ!?
料金比較をチェックする

チケット・ポイント制の英会話スクールのメリット・デメリット

メリット デメリット
  1. 入会時にたくさん購入すると、1回あたりのレッスン料が安くなる
  2. 毎月料金を支払わなくて済む
  3. 自分が好きなときに受講できる
  1. 解約をする際に発生するケースがある
  2. 初期費用が高額なため、費用の負担が大きい
  3. 有効期限内に使用しないと無駄になる

チケット・ポイント制のメリットはたくさん購入するほど1レッスンあたりの料金が安くなることです。さらにチケットやポイントはレッスンを受けるときに使用するので、月額制と違って支払ったレッスン料金が無駄になる心配がありません。

デメリットは入会時の金額が高額になること。また中途解約時にトラブルが発生することも。辞める前にすべて使いきることができれば良いのですが、使いきる前に退会しても「返金してもらえなかった」といったトラブルが発生することがあります。そのほかにも使用期限が設定されていることが多く、気付くとチケットが使えなくなっていたということもあるので注意が必要です。

一括払いの英会話スクールの相場

入会するときに半年や1年間などレッスン料を一括で支払うのが一括払い制。ポイント・チケット制と同じく、大手英会話スクールで採用されることが多い料金体系です。一括払い制の料金相場は以下のようになっています。

入学金 平均27,500円(税抜)
グループレッスンの単価 平均2,847円(税抜)
マンツーマンレッスンの単価 平均5,411円(税抜)

一括払いを採用しているスクールの料金は月謝制よりも高く、チケット・ポイント制よりもやや安いと平均的。通う期間は一番長くなる傾向にあるので、自分が本当に通い続けられるか見極めるようにしましょう。そんな一括払いのスクールの中で入会金・1回あたりの授業料が安いのが日米英語学院です。入会金は相場よりも7,500円も安い20,000円。1回あたりの授業料はグループレッスンの相場よりも847円安い2,000円です。一括払いのスクールを考えている方は、まず日米英語学院から検討してもよいでしょう。

一括払いのおすすめスクール3選

スクール名 入会金 授業料
日米英語学院 20,000円 8,000円~/月
イーオン 30,000円 11,088円~/月
スタートアップイングリッシュ 32,400円 11,920円~/月

一括払い制を導入している英会話スクールのなかでもお得に通えるのは、イーオン・スタートアップイングリッシュ・日米英語学院の3校です。そのなかでも日米英語学院は入会金と授業を合わせても1ヶ月約28,000円から英会話をはじめられます。一括払い制を採用している英会話スクールの平均総額と比較しても、リーズナブルに通学可能。英会話スクールを選ぶとき「レッスン内容も大切だけど、継続して通うために安さも重視して選びたい!」という人は日米英語学院を選択するといいかもしれません。

>>本当に安い英会話教室はどこ!?
料金比較をチェックする

一括払いの英会話スクールのメリット・デメリット

メリット デメリット
  1. 契約期間を長く設定すると割引される額が大きくなる
  2. 辞めたくてももったいないという理由で通い続けられる
  3. 毎月レッスン料を払う手間が省ける
  1. 初期費用が高額になる傾向あり
  2. 解約をする際に返金を巡ってトラブルが起こるケースも…
  3. 途中で辞めたときにお金が無駄になる

一括払いのメリットは契約期間を長く設定するほど、割引が利いて負担額が少なること。さらに、月々レッスン料を払う手間を省けるので、「どうせ払うなら一括で!」と考えている人にピッタリです。ほかにも一括でレッスン料を払っていることで、辞めたくなっても「お金がもったいない」と自分を奮い立たせることができます。自分に甘い人にとっては、良い意味のプレッシャーになるでしょう。

デメリットとしては初期費用が高額になること。高額な費用を一括で支払わなければいけないため、まとまったお金が必要になるので注意しておきましょう。メリットには自分を奮い立たせることができると書きましたが、理由があり解約しなければならない場合も考えられます。そういったときに返金を巡ってスクール側とトラブルになり、お金が戻ってこないというケースもあるようです。万が一のことを想定して契約書にサインする前にしっかりと確認するようにしましょう。

料金体系の特徴を考えてスクールを選ぶましょう

入会金の価格や月々の授業料を見ると、月謝制のスクールがもっともリーズナブルに通えることが分かりました。また、月謝制は月によって通えないというデメリットは持っていますが、それはチケット・ポイント制や一括払いも一緒です。そう考えると費用を無駄にするリスクが少ないのは、前もって高額な料金を支払わない月謝制と言えるでしょう。

しかし、チケット・ポイント制や一括払いのスクールにも、料金が高額になる傾向があるからこそ、自分を奮い立たせるメリットがあるようです。後悔のないスクール選びをするためにも、今回紹介した料金体系の特徴を踏まえて自分に合ったスクールを選びましょう。

本当に安い英会話スクールはここだ!