本当に安い英会話スクールはここだ!  » 英会話教室にかかる料金ってどれくらい? » 英会話教室に安く通うためのポイント

英会話教室に安く通うためのポイント

せっかく英会話教室に通うなら、しっかりと英会話を身につけたいですよね。そのためには長く続けることが大切です。

ただ、英会話教室に通うとなると、レッスン料のほかに入会金や教材費などがかかることも。ここでは、1円でも安く通うために、スクールにかかる費用をおさえる方法を紹介しています。英会話教室に無理なく通うために参考にしてみてくださいね。

英会話教室にかかる費用で安くできるのはどこ?

入会金を安くおさえる

本サイトで紹介しているスクールの入会金を調べたところ、英会話教室へ通うためには1~3万円の入会金が発生することがわかりました。始めから入会金だけに1~3万円も払わなくてはいけないと思うと、通い始めるときのハードルが高くなってしまいますよね。しかも、実は入会金のほとんどが広告費にまわるんだとか。最近では、入会金が無料の英会話スクールも増えているので、安く通い始めたい人は入会金無料のスクールをチェックしてみてください。

本サイトで紹介している入会金無料のスクール
リンゲージの料金と評判をチェックする
ラングランドの料金と評判をチェックする
NOVAの料金と評判をチェックする

教材費を安くおさえる

英会話教室に通うと、レッスン料だけでなく、テキストの購入で教材費がかかることがあります。しかし、多くの英会話教室が教材費について、公式サイトでわかりやすく説明していません。初めて英会話スクールに通う人にとっては、体験レッスンに行かないと教材費がいくらかかるのかわからないのは不安ですよね。各英会話教室の教材費を表にまとめたので参考にしてみてください。

教室名 教材費
リンゲージ 20,000円~30,000円
ワンコイン
グリッシュ
3,175円
ラングランド 0円(プリントを使用)
ステージライン 0円(授業料に含む)
ベルリッツ 授業料と別途・金額の記載なし
イングリッシュ
ビレッジ
自分で用意
COCO塾 2,140円~(市販テキスト・オリジナルテキストあり)
シェーン英会話 授業料と別途・金額の記載なし
NOVA 授業料と別途(または貸出)
イーオン 10,000円~30,000円
ECC外語学院 年間24,000円程度

教材費が安い教室は、プリントを使用したり、授業中だけ教材の貸し出しをしているようです。このタイプの英会話教室はレッスン前後の予習復習が必要ないので、ある程度英語が話せる人に向いているかもしれません。

初心者の方や久しぶりに英語にふれる人は予習復習をしないと上達しないと思いますので、テキストを持って帰ることのできないスクールの場合は自分で自習用のテキストを用意する必要が。自分で探す手間を省くなら予習・復習まで一貫してできるテキストを利用しているスクールがおすすめです。

ここでは、料金だけを紹介しているので、自分に合うテキストかどうか手に取って確認したい場合は体験レッスンに行ってみるといいですよ。

英会話教室に少しでもお得に通うには?

リーズナブルなのはグループレッスン

英会話教室のレッスン形態は、生徒が2人以上の「グループレッスン」と、先生と1対1でレッスンする「マンツーマンレッスン」があります。

グループレッスンはマンツーマンレッスンよりもレッスン料が安いので、少しでも費用を抑えて通いたい人はグループレッスンがおすすめです。グループレッスンでは、同じレベルの仲間と上達を目指せるので、スクールの中に友達ができれば、その存在が挫折しそうなときの支えになるかもしれません。

マンツーマンレッスンは1対1ということもあり、レッスン受講料が高くなります。短期間で習得したい・専門用語を含む英会話を習得したいといった人におすすめのレッスンです。講師のほかに日本人のスタッフがカリキュラムを考えてくれるスクールなら、手厚いサポートの中で短期間で英語を身につけることができます。

英会話教室でしっかり会話力を身につけたいなら通い続けることが大切。長く通い続けられるように、自分にあったレッスン形態を選びましょう。

通う時間帯をチェック

スクールに通う時間によって、レッスン料が安くなることを知っていますか?人の少ない平日の昼間はレッスン料が安くなる英会話教室があるんです。

スクールによって差はありますが、フリータイムのレッスンに比べると平日昼間の1回あたりのレッスン料が1000円ほどお得に!平日の昼間は1クラスあたりの生徒数が少ないため、先生との交流が増えるというメリットもあります。

シフト制のお仕事の人や、平日にお休みがある人におすすめです。チェックしてみてくださいね。

自分に合った支払い形態は?

できるだけ費用を抑えて英会話教室に通うためには、授業料などの支払い形態にも注目しておきたいところ。数年前まで1年分を一括で先払いする教室がほとんどでしたが、途中解約や返金のトラブルがたくさんあったようで分割や月謝制のスクールが増えています。

先払いの場合は、入会の際に支払う金額が大きいですし、分割払いでは、手数料をとられて割高になってしまいます。月謝制なら手数料もかからず最初に支払う金額が少なくて済むのでおすすめです。

無理せずに通うことができる支払い形態を把握し、自分に合った通いやすい英会話教室を見つけてくださいね。

安いだけじゃない!魅力あふれる
英会話スクールをリサーチ

本当に安い英会話スクールはここだ!